【トラリピ】豪ドル/NZドルの250万設定を追加してみよう

トラリピ
スポンサーリンク
                   

大統領選挙がいよいよ始まるね!

これは、為替が大きく変動する可能性が高い!!

トラリピの稼ぎ時だね♪

確かに、前回のトランプ大統領の選挙時は、ドル円相場が101円近くまで下がって、104円近くまで上がるというジェットコースターの様な相場になりましたね。

このタイミングでトラリピを初めのは、利益を出すチャンスかも知れませんね。

そもそも、トラリピとは?

トラリピとは、マネースクエアが提供しているFXの自動売買サービスの名称です。

マネースクエア
通常、FXでは自分で売買(売り or 買い)を行って、為替差益を利用して儲けを出すのが一般的です。

この、自分で”行っている売買”を、自分で”設定した値段で自動で行う”仕組みが、「トラップリピートイフダン」略してトラリピになります。

公式からのイメージ引用となりますが、以下の図例であれば、101円のタイミングで”売り”注文(トラップ)を自動で行い、100円のタイミングで”買い”注文(トラップ)を自動で行う。

ということになり、これによって、自分で時間を使って売買する事なく、設定をしておく事で、自動的に1円の儲けを得ることが出来るという事になります。

マネースクエア より引用

放ったらかしトラリピ設定は鈴さん(@semiritaia_suzu)を参考に

トラリピ界隈では書籍も出版され、「神様!」とも言える、鈴さんのトラリピ設定を参考にさせて頂いて、私もトラリピをはじめました。

鈴さんは現在、2000万円を運用して、月額20万円の所得を得られているそうです。

何故、鈴さんを参考にさせて頂いたかと言うと、トラリピ設定を公開している事が大きいのですが、それに加えて、その根拠がしっかりしており、参考にするのに安心感があったからです。

鈴さんは、リーマンショックが再発した際に、ロスカットされないトラリピ設定と、必要証拠金をバックテストで行った情報を掲載してくれています。

(鈴さんの設定の場合)
リーマンショック時に必要だった資金
⇒18,664,048円

不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ 鈴 より引用

更に、上記の設定、必要資金をベースにして、最低250万円から始める為の、手法をご紹介されています。

いきなり2000万円を準備する事は出来ませんが、250万円ならば、少し頑張れば準備出来る!ということで、こちらを参考にトラリピを初めています!

▶鈴のトラリピ設定の必要資金
2億円:0.01円間隔
4,000万円:0.05円間隔
2,000万円:0.1円間隔(運用中)
1,000万円:0.2円間隔
500万円:0.4円間隔
250万円:0.8円間隔

不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ 鈴 より引用

”ハーフ&ハーフ”で必要資金を半額に抑える

さて、鈴さんの設定を理解する上で必要な知識としては、”ハーフ&ハーフ”という手法です。

”ハーフ&ハーフ”は、売買したいレンジに対して、上半分を”売り”でトラップ設定し、下半分を”買い”でトラップ設定するというものです。

鈴さんのブログでは、これによって約半分の資金で運用する事が可能になると、言っています。

 

マネースクエア より引用

トラリピ設定に必要な項目を把握する

実際に運用する際、トラリピの設定では、主に以下の項目を設定します。

①通貨ペア
②売買
③レンジ
④注文金額
⑤トラップ本数
⑥利益金額

マネースクエア より引用

鈴さんのトラリピ設定を参考にする場合でも、資金に併せて、自分できちんと理解して設定する必要があるのは、以下の3項目かと思います。

②売買
③レンジ
⑤トラップ本数

上記3項目をExcelなどで表にして、250万円から4000万円まで、トラリピを育てる場合、どの様にトラップ箇所が増えて行く事になるのか。

こちらを参考にして貰って、実際に一覧を作って、「トラリピの育て方」をきちんと自分に落とし込んでから着手しましょうね!

豪ドル/NZドルの250万設定を追加してみよう

鈴さんの豪ドル/NZドル設定は、こちらで公開してくれています。

これを基本に考えて、実際に250万円に設定を当てはめたら、どうなるのか?

鈴さんのトラリピ設定では、豪ドル/NZドルのレンジは以下の通り設定されています。

買いトラップ:1.00ドル~1.15ドル
売りトラップ:1.15ドル~1.30ドル

これをベースに、以下の鈴さんのトラリピ設定のトラップ間隔を踏まえて、表にしてみます。

▶鈴のトラリピ設定の必要資金
2億円:0.01円間隔
4,000万円:0.05円間隔
2,000万円:0.1円間隔(運用中)
1,000万円:0.2円間隔
500万円:0.4円間隔
250万円:0.8円間隔

不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ 鈴 より引用

すると、以下の様な設定になります。

見方としては、必要資金の列に記載されている内容から、”レンジ”と”トラップ本数”が決まる事になります

  • 最小数がトラップのレンジ開始
  • 最大数がトラップのレンジ終了
  • 最大数がトラップ本数

←買いトラップ

売りトラップ→

※※※※中略※※※※

結果、まとめると以下の様な設定になることがわかります。

必要資金 売買 レンジ トラップ本数
250万円 買い 1.0010~1.1450ドル 19本
売り 1.1510~1.2950ドル 19本
500万円 買い 1.0050~1.1490ドル 19本追加
売り 1.1550~1.2990ドル 19本追加
1000万円 買い 1.0030~1.1470ドル 37本追加
売り 1.1530~1.2970ドル 37本追加
2000万円 買い 1.0020~1.1500ドル 75本追加
売り 1.1520~1.3000ドル 75本追加
4000万円 買い 1.0015~1.1495ドル 149本追加
売り 1.1515~1.2995ドル 149本追加

資金が倍々になっていくに従って、トラップ本数も倍々になっていきます

また、元からあるレンジの間を埋める様に、設定を追加していく事になっているかと思います。

ここまで落とし込めれば、後はこの表と、鈴さんのトラリピ設定を元に、設定するだけですね!

鈴さんの250万円のトラリピ設定をしてみよう!

では、鈴さんの2000万円設定をベースにして、250万円の設定値を、まとめたいと思います

今回、追加した豪ドル/NZドル設定は赤字の部分になります。

この設定をすれば、鈴さんの250万円トラリピ設定が完了しますよ!

通貨ペア 売買 レンジ トラップ本数 注文金額 利益金額 決算トレール
USD/JPY 買い 75.10~104.70 38本 0.1万(通貨) 900円 設定しない
売り 105.10~134.70 38本 0.1万(通貨) 900円 設定しない
EUR/JPY 買い 90.10~119.70 38本 0.1万(通貨) 1,100円 設定しない
売り 120.10~149.70 38本 0.1万(通貨) 1,100円 設定しない
AUD/JPY 買い 60.10~84.90 32本 0.1万(通貨) 900円 設定しない
売り 85.10~109.90 32本 0.1万(通貨) 900円 設定しない
AUD/USD 買い 0.6010~0.8490 32本 0.1万(通貨) 7ドル 設定しない
売り 0.8510~1.0990 32本 0.1万(通貨) 7ドル 設定しない
AUD/NZD 買い 1.0010~1.1450 19本 0.1万(通貨) 7ドル 設定しない
売り 1.1510~1.2950 19本 0.1万(通貨) 7ドル 設定しない
NZD/JPY 買い 45.10~69.90 32本 0.1万(通貨) 800円 設定しない
売り 70.10~94.90 32本 0.1万(通貨) 800円 設定しない
NZD/USD 買い 0.5010~0.6930 25本 0.1万(通貨) 7ドル 設定しない
売り 0.7010~0.8930 25本 0.1万(通貨) 7ドル 設定しない
CAD/JPY 買い 70.10~94.90 32本 0.1万(通貨) 900円 設定しない
売り 95.10~119.90 32本 0.1万(通貨) 900円 設定しない
ZAR/JPY 買い 6.05~8.85 8本 1万(通貨) 1,000円 設定しない
売り
MXN/JPY 買い 4.80~6.40 5本 1万(通貨) 700円 設定しない
売り

※2019年12月時点の鈴さんのトラリピ設定をベースにしています

※2020年9月にこちらで”利益金額”の変更を行っています。

 さあ、トラリピを始めてみよう!

これで、トラリピの基礎の理解と、鈴さんのトラリピ設定の再現方法を、わかって頂けたかと思います。

セミリタイア!とまでは行かなくとも、経済的自由へ近づく為に、一つの投資手法として、トラリピを使ってみてはいかがでしょうか

マネースクエア

コメント